PR
PR

サザエさん通りにサザエさん扇ねぷた 東京

 東京・世田谷の桜新町商店街、通称・サザエさん通りで8日夜、恒例のねぶたまつりが開かれた。武者人形や扇ねぷたが商店街を練り歩き、大勢のハネトが祭りのムードを盛り上げた。

 ねぶたまつりは、青森市浪岡地区と桜新町商店街との交流が縁で始まり、今回で15回目。桜新町はサザエさんの作者・長谷川町子さんとゆかりが深く、サザエさんのキャラクターを描いた扇ねぷたも登場した。

 今年は青森市の安田ねぶた会が小・中型、扇の計5台を輸送して商店街に運び込んだ。午後7時、囃子(はやし)の音色とともに運行がスタート。衣装を身に着けたハネトが「ラッセラー」と声を上げると、沿道の観衆が写真を撮ったり拍手を送っていた。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る