PR
PR

大雨恐れ、土砂災害に警戒 前線の影響で大気不安定

 西日本や東日本では10日にかけて局地的に非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は9日、土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。大気の状態が不安定になっているため、落雷、竜巻などの突風、ひょうにも注意が必要になる。

 鹿児島県南さつま市付近ではレーダー解析で、1時間に約120ミリの雨が降ったとみられる。

 気象庁によると、西日本から東北南部に停滞している前線が10日には東へ進み、同日夜には奄美大島近海から房総半島の南海上を通って日本の東へ延びる見込み。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る