PR
PR

sumika『キミスイ』楽曲の秘話語る 高杉真宙&Lynnも絶賛

 俳優の高杉真宙、声優のLynn、藤井ゆきよ、4人組バンド・sumikaが8日、神奈川・川崎市内で行われた劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』(牛嶋新一郎監督)大ヒット御礼舞台あいさつに出席した。

【アップ写真】舞台あいさつに登壇した高杉真宙

 同作は、小説家・住野よる氏のデビュー小説(双葉社)が原作で、昨年7月には実写映画が公開され大ヒットを記録。衝撃的なタイトルからは予測できない「僕」(高杉)と桜良(Lynn)のはかない物語が多くの人の心を揺さぶっている。

 高杉らが黄色い歓声を浴びるなか「劇場のステージに上がるのは初めて」と話すsumika・片岡健太は「ライブハウスとは違って、劇場は階段状で後ろの方までお客さんの顔が見える。作品を観た後の皆さんの泣きはらした顔が分かって、つられて泣きそうです」と、見慣れない景色に感慨深げな様子。

 劇中歌「秘密」が話題にあがると、小川貴之は「音と画がマッチングするかが全てなので、カットの秒数を測ったりしながら2人の心情や、距離感を大切にしながら作っていた」と制作秘話を披露。当該のシーンについて高杉が「僕と桜良の距離が近づいていく最大のシーンだと思って演じました」と振り返ると、Lynnは「全編通して一番穏やかな心情で演じました。映像と歌詞もリンクしていて、ここで幸せな状態で終わってほしいと思いましたね」と、楽曲の魅力を絶賛した。

 主題歌「春夏秋冬」について片岡は「主題歌が終わった後のシーンにどうつなげるか、主人公がこの作品が終わった後、どう生きてくかの意思表示にもなるように作った」と説明。sumikaが『キミスイ』にかける思いは強く、黒田隼之介は「1年前に『キミスイ』の話を頂いて、考えてやってきたので、他人事として捉えられない。作品の流れからすると最初のシーンは泣くところではないんですが、泣きました」と語っていた。

【写真】高杉真宙からのお姫様抱っこに照れる内田雄馬
【写真】ウインクする姿も 先生役に初挑戦した高杉真宙
【写真】映画『PとJK』では金髪だった高杉真宙
【画像】高杉真宙がロン毛&細眉に 映画『ギャングース』ビジュアル初公開
高杉真宙&内田雄馬ら“旅する”ユニット結成「自転車で日本一周したい」

oricon news

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る