PR
PR

大谷選手、すぐ手術せず 「二刀流」将来も意欲

 【シカゴ共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(24)は7日、シカゴでホワイトソックス戦を前に右肘靱帯に新たな損傷が見つかってから初めて取材に応じ「いくつかある選択肢の中で今すぐに(手術)ということはないので、このままシーズンをしっかり最後まで自分らしくプレーしたい」と心境を語った。当面は投手での出場は厳しいが、投打の「二刀流」について「今のところはその方向で進むつもり」と将来も継続する意欲を示した。

 右肘の張りが治まらなかったため、5日に遠征先アーリントンで磁気共鳴画像装置(MRI)検査を受け、損傷が判明した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る