PR
PR

発電機使用でCO中毒死 上富良野、標津で相次ぐ

[PR]

 【上富良野、標津】胆振東部地震の影響で道内の一部で停電が続いた7日、閉め切った住宅内で発電機を作動させたことが原因とみられる一酸化炭素(CO)中毒による死亡事故が2件起きた。

 道警によると、事故が起きたのは上川管内上富良野町と根室管内標津町。上富良野町では午前8時すぎ、70代の自営業の男性が自宅内で倒れて、死亡していた。標津町の集合住宅でも午前8時すぎに、40代の男性会社員が室内で倒れて死亡しているのが見つかった。

 いずれも玄関付近にガソリンなどを燃料とする発電機があり、住宅は閉め切った状態だったため、道警は発電機が不完全燃焼したとみている。

 道警は「住宅内などで発電機を使用する際は換気に注意してほしい」と呼び掛けている。(古谷育世、古市優伍)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る