PR
PR

<9.6胆振東部地震 くらしを守る>被災者の心のケア 何ができる?

 胆振管内厚真町で6日、震度7を記録する地震が発生したことを受け、被災者の心のケアが課題の一つになっている。停電などでライフラインが途切れる中、周囲の支えが必要な1人暮らしの高齢者をはじめ、障害者、出産を控えた妊婦、小さな子どもがいる家庭などには特段の配慮が必要だ。周囲は例えばどのような心がけが必要なのか。専門家2人に話を聞いた。

残り:1096文字/全文:1262文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る