PR
PR

拉致再調査合意は「無効」 北朝鮮の担当幹部が明言

 【北京共同】北朝鮮が日本人拉致問題の再調査を含む包括的調査を約束した2014年5月のストックホルム合意について、北朝鮮の複数の対日外交担当幹部が「無効だ」と明言していることが7日分かった。最近、平壌を訪れ同幹部らと会った複数の関係者が明らかにした。

 日本政府に伝わることを前提に語っているとみられ、日朝対話を模索する安倍政権に対し、拉致問題で譲歩する考えがないことを明確にする狙いがありそうだ。

 同幹部らは02年9月に訪朝した当時の小泉純一郎首相と金正日総書記が署名した日朝平壌宣言に立ち戻るべきだと強調。拉致問題は解決済みだとの立場を重ねて表明した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る