PR
PR

【ライフライン】道がむかわに建築技術職員を派遣

 道は7日、北海道胆振東部地震で被災した建築物の倒壊の危険性を判定するため、支援要請のあった胆振管内むかわ町に建築技術職員6人を派遣した。建設部や道立総合研究機構などの「応急危険度判定士」の資格所有者が調査する。8日までに終える予定。

 同管内厚真町、安平町からも支援要請があれば、9、10両日に約10人を派遣する。被災地の状況によっては追加派遣を検討する。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る