PR
PR

稀勢は初日勢、2日目貴景と対戦 御嶽の初日は正代、秋場所

 日本相撲協会は7日、大相撲秋場所(9日初日・両国国技館)の取組編成会議を開いて2日目までの取組を決めた。8場所連続休場明けで進退を懸ける横綱稀勢の里は初日に過去15勝1敗の平幕の勢と対戦する。2日目は1勝2敗と分の悪い小結貴景勝戦が組まれた。

 先場所に初優勝し、初めて大関昇進に挑む関脇御嶽海は初日に平幕正代、2日目は平幕千代大龍と顔を合わせる。

 稀勢の里以外の2横綱は先場所の途中休場から復帰し、鶴竜は初日に貴景勝、2日目は平幕魁聖と当たる。白鵬は初日に小結玉鷲、2日目は勢の挑戦を受ける。

 大関陣の初日は豪栄道が魁聖、高安は平幕豊山。栃ノ心は千代大龍。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る