PR
PR

旭川で震度4 15年ぶり

 旭川地方気象台によると、旭川市で震度4の地震が発生したのは2003年の十勝沖地震以来15年ぶり4度目。上川管内では、2016年の浦河沖地震で中富良野町で観測して以来となる。

 旭川の震度4は観測開始以来、十勝沖地震のほか、1968年5月に相次いで発生した三陸沖地震、青森県東方沖地震で記録している。

 同気象台は道内でも地震の起きやすさには地域性があり、「プレートのある太平洋沿岸から離れた旭川は比較的地震は少ない」と説明しながら、大地震の際には内陸でも十分揺れる可能性があると指摘。今回の地震について「土砂崩れに気を付けるなど、1週間程度は注意深く様子を見てもらいたい」と呼びかけている。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る