PR
PR

首相「人命第一に」 自衛隊2万5千人派遣へ

[PR]

 政府は6日午前と午後、道内で震度7を観測した地震を受け、首相官邸で関係閣僚会議を開いた。午前の会議で、安倍晋三首相は「人命第一で、政府一丸となって災害応急対応に当たっている」と述べ、被災者の救命・救助やライフライン復旧に全力を挙げるよう指示した。官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置し被害状況の把握に当たった。

 防衛省は高橋はるみ知事からの災害派遣要請を受け、陸上自衛隊第7師団(千歳市)などの隊員約4900人を、土砂崩れが起きた胆振管内厚真町などの救助活動に派遣した。今後、道外からも約7千人の応援を受けるなどして、被災地で活動する自衛隊員を2万5千人態勢に拡充する。また、情報収集のため、陸自北部方面航空隊(札幌丘珠駐屯地)のヘリなど航空機20機と艦船4隻を出動させた。(古田夏也)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る