PR
PR

県の検証委、開催頻度増やす 原発事故で新潟知事

 新潟県の花角英世知事は6日、東京電力柏崎刈羽原発が立地する柏崎市の桜井雅浩市長と会談し、県が進めている福島第1原発事故の原因や安全な避難方法の検証について「いたずらに時間を浪費するつもりはない」と述べ、現在半年に1回のペースで開かれている各検証委員会の開催頻度を増やす考えを示した。

 会談後、桜井市長は、市民が再稼働の行方を見通せなくなっていると指摘。「頻度を増やせばより充実した検証が行われるのではないかと検討をお願いした」と話した。

 花角知事も「当然委員の皆さまには、精力的な議論をお願いするつもりだ」と述べた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る