PR
PR

女性に宛てた芭蕉の手紙見つかる 兵庫、平仮名を多用

 兵庫県伊丹市の博物館「柿衛文庫」は6日、江戸時代の俳人松尾芭蕉(1644~94年)が晩年、女性の弟子・智月に宛てた直筆の手紙が新たに見つかったと発表した。「ぞんじまいらせそろ」という言葉遣いや平仮名を多用するなど、女性宛ての手紙の特徴が現れているという。

 既に見つかっている芭蕉の書簡約200通のうち、女性に宛てた手紙はこれまでに8通しか見つかっておらず、智月宛ては6通目。

 柿衛文庫によると、手紙は2枚で、大きさはいずれも縦約15センチ、横約36センチ。江戸滞在中の元禄6(1693)年に書かれたとされる。今年6月、京都市の所蔵者から情報提供があった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る