PR
PR

都内に体験型施設「英語村」開業 まるで外国、生きた英語学ぼう

 外国にいるような環境で、小中高校生らが生きた英語を学び、その後の学習につなげる体験型施設「英語村」が6日、東京都江東区に開業し、オープニングセレモニーが開かれた。

 施設名は「TOKYO GLOBAL GATEWAY」。都教育委員会が開設を決め、教育関連業者が運営する。都教委によると、都道府県がこうした施設を開設するのは珍しいという。

 セレモニーには小池百合子知事も参加し「ここで英語を楽しんで学び、国際的な人材がどんどん育っていってほしい」と期待を込めた。

 都教委によると、4万7千人が予約しているほか、修学旅行で使いたいとの問い合わせも多いという。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る