PR
PR

南北首脳18~20日会談 正恩氏が非核化期限に言及

 【ソウル、北京共同】韓国の文在寅大統領の特使として北朝鮮・平壌を訪問し金正恩朝鮮労働党委員長と会談した鄭義溶・大統領府国家安保室長が6日記者会見し、文政権下で3回目となる南北首脳会談を18~20日に平壌で開催することで合意したと明らかにした。特使団によると、正恩氏はトランプ米大統領の1期目の任期が終わるまでに、米朝間の敵対の歴史清算と非核化を実現したいとの考えを表明した。

 トランプ氏は2021年1月に1期目の任期を満了する。正恩氏が非核化の具体的な期限に言及したのが明らかになったのは初めて。米朝交渉成功に向け強い決意を示した形で、米側の対応が焦点となる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る