PR
PR

札幌滞在のサッカー日本代表無事 チリ戦の開催可否検討へ

 北海道で震度6強を観測した地震が発生した6日、サッカー日本代表は札幌に滞在中で、広報担当者によると選手、スタッフに人的被害はなかった。宿舎は一時停電したが、自家発電により電源は復旧している。

 7日に札幌ドームで予定されている森保一監督就任後の初戦となる国際親善試合のチリ戦は、被害状況や電気事情、交通機関の状態などを見極めて開催の可否を検討する。チリ代表もチーム全員の無事が確認されているという。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る