PR
PR

ツイッターCEO、公平性を強調 米議会公聴会で

 【ニューヨーク共同】米短文投稿サイトのツイッターのジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)は5日の下院公聴会で、トランプ米大統領や共和党の一部議員が表示される内容に政治的な偏りがあると批判していることを巡り「(サービスの運用を)政治的な視点で考えていない。公平性が基本原則だ」と否定した。

 ドーシー氏は「ツイッターはデジタルの公共広場で、表現の自由が繁栄する鍵だ」と強調した。米議員によるツイッターへの投稿を分析した結果、閲覧された投稿数は共和、民主両党で統計的に重大な違いはなかったと説明した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る