PR
PR

火発すべて停止、復旧時期は未定

[PR]

 北海道電力は6日朝、札幌市中央区の本店で記者会見し、同日未明の地震により発生した道内全世帯約295万戸の停電について説明した。原因は、地震の影響で苫東厚真火力発電所の3基(胆振管内厚真町、出力165万キロワット)が緊急停止して需給バランスが崩れ、稼働していたほかの火発3基もすべて止まったためで、午前11時半時点で復旧時期は未定。道内全域で停電したのは初めて。

 地震発生時には、全道の火発6カ所12基(390万キロワット)のうち苫東厚真3基、奈井江1基、知内1基、伊達1基の6基(252万5千キロワット)が稼働していた。電気の供給を続けるためには電気の使用量と発電量を同じにする必要がある。しかし、地震の影響で苫東厚真3基が緊急停止し需給バランスが崩れた結果、稼働中のほかの3基も停止し、全道規模での停電につながった。

 道内の火発はすべて稼働できない状態で、北電は日高管内の水力発電所から苫東厚真発電所に電気を送るなど復旧作業を進めている。だが、同発電所の3基のうち、2基のボイラー設備が損傷しており、復旧は難航。菅義偉官房長官は同日午前の会見で、苫東厚真発電所は速やかな再稼働が難しい状況だと述べた。

 道内と本州を結ぶ海底ケーブル「北本連系線」も電源がないと稼働できないため、本州側からの電力の受け入れもできなくなっている。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る