PR
PR

在イスラエル大使館再移転 エルサレムからパラグアイ

 【リオデジャネイロ、エルサレム共同】南米パラグアイの外務省は5日、5月にエルサレムに移転したばかりの在イスラエル大使館を、元の商都テルアビブ近郊に戻すと発表した。カルテス前大統領が任期満了直前に駆け込みで移転を実施したが、国内で批判が強かったことなどから、8月に就任したアブド・ベニテス大統領が覆した。

 イスラエルのネタニヤフ首相は声明で「両国関係に悪影響を及ぼす動きだ」と強い遺憾の意を表明。駐パラグアイ大使を本国に呼び戻し、在パラグアイ大使館を閉鎖するよう指示した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る