PR
PR

視覚障害男性が駅で転落死、東京 東急大井町線、電車にはねられる

 東京都品川区の東急大井町線下神明駅で4日午後、視覚障害がある鍼灸師の男性(71)=東京都港区=がホームから転落し、電車にはねられて死亡する事故があったことが5日、警視庁荏原署への取材で分かった。ホーム上に点字ブロックはあったが、ホームドアは未設置だった。同署は男性が誤って転落したとみて詳しい経緯などを調べている。

 荏原署によると、事故は4日午後2時15分ごろに発生。防犯カメラには、男性が階段でホームの中央付近に上がった後、点字ブロック付近を歩き、約2分後にホームの縁からよろめいて転落する様子が写っていた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る