PR
PR

新千歳、利用客足止め 果樹農家、対応追われる 台風21号

 本州に上陸し、猛烈な風や高潮で大きな被害をもたらした台風21号は4日夜、強い勢力を保ったまま北上し、北海道に迫った。関西空港の閉鎖による欠航の影響で新千歳空港では利用客が足止めされたほか、市町村が開設した避難所には住民が身を寄せ、不安な時間を過ごした。道内の果樹農家は収穫作業やビニールハウスの補強に追われ、緊張が走っている。

 台風21号の影響で新千歳空港の発着便では4日、中部や関西などと結ぶ117便が欠航し、少なくとも約70人が空港で足止めされた。道内観光を終え、関西空港へ向かう予定だった大阪府泉佐野市の無職奥章夫さん(67)は5日午前の中部行きの便に振り替えた。「30軒くらいのホテルに電話したがどこも満室だった。朝一で帰るためにも空港に泊まり、名古屋から新幹線やバスで帰るしかない」と疲れた表情で話した。

残り:750文字/全文:1108文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る