PR
PR

クマ襲撃?池田の牧場にヒツジ死骸 6月から数十頭不明

[PR]

 【池田】十勝管内池田町のヒツジ生産牧場「ボーヤ・ファーム」(安西浩社長)の放牧地で、ヒグマに襲われたとみられるヒツジの死骸が見つかった。同町によると、町内でのヒグマに関連した家畜被害は初めてという。この放牧地では今年6月以降ヒツジ数十頭が行方不明になっており、町などが警戒を強めている。

 被害が出たのは同町様舞(さままい)の山林にある放牧地(約50ヘクタール)。今年6月以降、メス480頭を放した。例年20~30頭が自然死するが、今年8月上旬に確認すると70頭が行方不明となっていた。また、その後に放したオス10頭も姿を消していた。

残り:202文字/全文:469文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る