PR
PR

秋サケ初日まずまず 枝幸で水揚げ 型は小さめ

 【枝幸】オホーツク西部海域(宗谷岬~枝幸)の秋サケ定置網漁が解禁となり、枝幸港と町内の各漁港で4日、初水揚げされた。漁獲量は不漁だった昨年を大幅に上回る好スタートとなった。

 枝幸港では午前5時ごろから、4隻が相次いで帰港。水揚げされたサケは手際よく雌雄や銀毛、ブナなどに選別され、市場に運ばれた。第八盛栄丸(19トン)の清水定幸船頭(53)は「初日にしてはまずまずの量だったけれど、型は小さめだね」と話していた。

残り:209文字/全文:416文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る