PR
PR

トラックが瀬戸大橋の欄干に 強風にあおられ、上下線通行止め

 4日午前9時15分ごろ、香川県坂出市の瀬戸中央自動車道(瀬戸大橋)上り線でトラックが強風にあおられ、車体が欄干にもたれかかり、走行不能になった。運転していた愛知県犬山市の男性(61)は自力で脱出し、けがはなかった。同9時45分から岡山県倉敷市の児島インターチェンジ(IC)―坂出IC間の上下線が通行止めになった。

 現場は南備讃瀬戸大橋の上。香川県警高速隊によると、トラックは大きく傾き片輪が浮いた状態で停止しており、海に落ちる危険があった。当時は台風21号の影響で強風が吹いており、最高速度は時速50キロに制限されていた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る