PR
PR

首相、台風で九州行き取りやめ 災害対応を優先

 安倍晋三首相は4日の自民党役員会で、非常に強い台風21号による災害対応を優先させるため、同日の九州訪問を取りやめると述べた。その後、官邸で開いた非常災害対策本部会議で「警戒態勢を強化し、政府一体となって対策を講じる。空振りを恐れず避難を促すなど、被害の発生を極力防ぐため全力を尽くしてほしい」と関係閣僚らに指示した。

 首相は当初、福岡市で世界最大級の大型クルーズ船が接岸できる博多港の新施設視察や、党総裁選で安倍首相を支持する党員集会への出席を予定。その後、熊本県益城町でも党員集会に出席することにしていた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る