PR
PR

4日夜から全道大荒れ 台風21号「非常に強い」勢力

 台風21号は4日正午ごろ、徳島県南部に上陸したあと、午後二時ごろ神戸市に再上陸した。同日夕には日本海に抜けて北上する見通し。「非常に強い台風」の日本上陸は1993年の台風13号以来、25年ぶり。北日本から西日本の広い範囲で猛烈な雨や風となる見通しで、気象庁は土砂災害や河川の氾濫、暴風、高波、高潮などに厳重な警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると高知県田野町では4日午前、1時間に92・0ミリの猛烈な雨を観測。同県の室戸岬では55・3メートルの瞬間風速を観測した。今後、台風は能登半島付近を進み、東北の日本海側沿岸を北上。5日朝には北海道の西の沖に進み、温帯低気圧に変わるとみられる。

 札幌管区気象台によると、道内は4日夜から5日にかけて大荒れとなる見込み。5日正午までの24時間降水量は、太平洋側西部で180ミリ、日本海側南部と太平洋側東部で150ミリ。予想される最大風速(最大瞬間風速)は日本海側の海上で28メートル(40メートル)など。波の高さは日本海側や太平洋側西部で6メートルの予想。

 この影響で、航空各社は4日午前11時半現在、新千歳空港発着の73便、丘珠空港や旭川空港発着の計4便を欠航、または欠航を決めた。フェリー各社も太平洋フェリーの苫小牧―名古屋間など4~5日の計42便の欠航を決めた。

残り:648文字/全文:1200文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る