PR
PR

ソユーズ宇宙船の穴は整備の過失 ロシア「怠慢が原因」

 【モスクワ共同】国際宇宙ステーションで、接続されているロシアのソユーズ宇宙船に開いた穴が原因で空気の圧力が低下したトラブルで、ロシアの複数のロケット・宇宙部門関係者は、ソユーズを地上で整備中に穴が過失で開けられ、ふさぐ措置も十分でなかったと明らかにした。関係者らは「怠慢」が原因だと指摘した。国営ロシア通信が3日報じた。

 穴は今年6月のソユーズ打ち上げ前に開いたという。ふさぐために使われた密閉剤が乾燥し、圧力で再び穴が開いたとみられる。ロシア通信は対処をした「怠慢の責任者は特定された」と報じた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る