PR
PR

長雨・低温…新得の新ソバ、品質大丈夫 収穫作業始まる

 【新得】北海道そば祭り(29、30日)が開催される管内最大のそばどころの町内で3日、ソバの収穫作業が始まった。

 88ヘクタールを作付けした新得物産サホロ農園では、昨年より5日遅れで作業を開始。大型コンバイン3台でゆっくりと刈り取っていった。

 同農園によると、今年は6月下旬~7月上旬の長雨・低温の影響で、一部で生育の遅れや浸水による被害が出た。そのため収穫量は100トンを超えた昨年に比べ2割減となる見込みだが、担当者は「やや実は小粒だが、品質に大きな影響はない」とみている。

 収穫作業は10月上旬まで。9月下旬から新得そばの館レストランで新そばの提供を始める予定だ。(菊地信一郎)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る