PR
PR

「沿線自治体と協議尽くして」立憲民主道連、JRや道に申し入れ

 JR北海道の路線見直し問題を巡り、立憲民主党道連は3日、JRや道に対して路線の維持策などを提案する文書を提出した。

 JRへの提案として、文書には《1》沿線自治体の同意を得ていない線区のバス転換案は白紙に戻し、沿線自治体と改めて時間をかけて協議する《2》詳細な収支状況を公表する―などを盛り込んだ。道に対しては、鉄路維持に向けてJRと協議し、財政を含めた支援を行うことなどを提起した。

残り:122文字/全文:314文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る