PR
PR

座間切断遺体、白石容疑者を移送 警視庁から高尾署捜査本部に

 神奈川県座間市の9人切断遺体事件で、警視庁は3日午後、鑑定留置を終えた無職白石隆浩容疑者(27)=殺人容疑などで逮捕=を、同庁本部から捜査本部のある高尾署に移送した。勾留期限は10日で、検察当局は一括起訴に向け、殺人や強盗殺人など適用罪名の最終的な検討を進めている。

 白石容疑者を乗せた銀色のワゴン車は3日午後2時5分ごろ、警視庁本部を出発。報道陣のカメラから一斉にフラッシュをたかれたが、後部座席を遮るようにカーテンのようなものが車内に張られ、白石容疑者の姿は見えなかった。同3時すぎに高尾署に到着した際も、中の様子はうかがえなかった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る