PR
PR

英会話が上達しない原因とは 2つのおすすめ勉強法

 いつかは英語をすらすらと話せる日がくることを目標にして英会話を学ぶ人は多いでしょう。しかし、時間を費やしているのに上達していないと感じる人も少なくないと思います。実は、英会話が上達しないのにはある理由があります。今回は、おすすめの勉強法とともに紹介します。

英会話で「聞き上手」になる方法! 英語上達のポイントも紹介

 英会話が上達しないおもな理由として、レッスンを受けるだけで復習をしなかったり、相手が話した英語を聞き取れなくても、それを聞き返さずに流してしまうなどの悪い癖がついてしまっていることなどが挙げられます。その原因は、日常生活で英語を使う場面があまりに少ないことにあります。復習しないのもここに起因することがほとんどでしょう。

 では、英会話を上達させるためにはどのような方法が効果的なのでしょうか。「復習する機会を増やす方法」と「聞き取れなかったことを上手に聞く方法」の2つを紹介します。

【1】復習する機会を増やす方法

■身近なワンワードを英語に置き換える
 英単語を覚える方法を探しているときに「1日にひとつ単語を覚えよう」といったハードルの低い目標を推奨する勉強法を聞いたことはありませんか。教材などで「1日目はこの単語を覚えよう!」とすすめられているものを覚えてもいいのですが、できれば普段の生活の中で「これは英語で何と言うのだろう?」と思う言葉を英語に置き換えてみましょう。自分が普段から使う言葉を英語に直していくことで、英会話で使えるボキャブラリーが増えていきます。

 たとえば「うだるような暑さ」は英語にするとどうなるのでしょうか。その日そのときに気になる言葉をそのままインターネットで検索してみてください。「うだるような暑さ 英語」というように、「英語にしたい言葉+英語」で検索すると色々なWebサイトがヒットして「sweltering heat」や「uncomfortably hot」という単語が見つかります。なかには複数の英語表現などについて解説が書かれていることもあるので、単語ごとに意味を調べて理解を深めましょう。

■身近なワンワードから英語のフレーズを作る
 「うだるような暑さ」は英語で「sweltering heat」や「uncomfortably hot」と表現することがわかったら、短くて構わないので「うだるような暑さ」を使いそうなシチュエーションにあわせて文章を作ります。

・I don’t want to walk in the sweltering heat outside.
(うだるような暑さの外は歩きたくない)

・Walking in the sweltering heat will kill me.
(うだるような暑さの中を歩くと死んでしまう)

・It’s uncomfortably hot and humid outside, please make sure to take enough fluids.
(外はうだるような暑さと湿気なので、しっかりと水分補給をするように)

 作った文章を読み上げて、頭に入るまで口ずさみましょう。英会話のフレーズを作文するときは、身近なワンワードを意識して使うことから始めるのがポイントです。教材で覚えるフレーズも大事ですが、実際の英会話では自分の言葉に置き換えないといけません。自分が使う言葉を生活の中で蓄積することを心掛けてください。

【2】 聞き取れなかったことを上手に聞く方法

 英会話はキャッチボール。それなのに、会話の流れを止めまいと分かったふりをして頷くだけでその場をしのぎ、あとから後悔するなんてことはありませんか。もしかしたら「もう一度言い直してくれても理解できなかったらどうしよう」という不安に煽られて聞けない人もいるかもしれません。「まずは聞いてみないと分からない」という気持ちで、聞き取れなかったことを聞き返すためのフレーズを覚えましょう。

<フォーマルな場所での表現>
・I'm sorry, I could not understand what you meant. Would you please rephrase for me?
(あなたが言ったことを理解できませんでした。別の表現で言い直していただけないでしょうか?)

・I did not hear you properly. Would you please repeat what you said?
(あなたの話がきちんと聞こえませんでした。繰り返していただけますか?)

・I'm sorry for the interruption, but, I did not hear what you said.
(邪魔してすみません。あなたの言ったことが聞こえませんでした)


<比較的カジュアルな場面での表現>
・I'm sorry, but I'm missing something here. Would you repeat from the beginning?
(すみません。私はこの会話で何かを理解しそびれています。初めから繰り返していただけますか?)

 ここで例を挙げたように、会話の中で聞き直すパターンやシチュエーションは実に様々。聞きたいときに言えるように、発言している自分を想像しながら練習してみるといいでしょう。

 英会話の上達は、英語に慣れることが大前提です。普段から身近な言葉を英語に直し、文章を作る。こうしたシンプルなことを続けることができれば、自然と英会話のボキャブラリーを増やす習慣が身につきます。そして、英会話の中でわからないことがあれば、話し相手に聞くこと。最初は勇気がいるかもしれませんが、だんだん慣れてきます。まずはできることから実践しましょう。

(文/柏野裕美)

「学ぶ」は「study」「learn」どちらを使う? 英単語の使い分け方5選
英語を話せるようになりたい! 初心者に選ばれた<英会話スクール>1位は…
道案内の英会話、うまく説明できない場合に役立つフレーズとは?
英会話に必要な単語数は? 海外在住ライターが教える4つの学習法
海外旅行前にチェック! 人気の【英会話スクール】No.1は…

oricon news

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る