PR
PR

元交際相手に懲役5~10年求刑 高3女子嘱託殺人公判

 東京都台東区で昨年5月、高校3年の女子生徒=当時(17)=を殺害しマンションに火を付けたとして、嘱託殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた元交際相手の少年(19)の裁判員裁判の公判が3日、東京地裁(鈴木巧裁判長)で開かれ、検察側が懲役5年以上10年以下の不定期刑を求刑、結審した。判決は9月7日。

 検察側は論告で、女子生徒から「殺してほしい」と頼まれた際、断ったり死ぬ必要はないと説得したりできたと指摘。「ほかにも選択肢があったのに安易な選択をした」と述べた。弁護側は「家裁に移送し、少年院送致にすべきだ」と訴えた。

 少年は8月の初公判で起訴内容を認めた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る