PR
PR

台風21号 四国に接近 道内4日夜から風雨強まる

 非常に強い台風21号は3日、沖縄・南大東島の東の海上を北上した。4日昼ごろにも紀伊半島から四国に接近し、上陸する恐れがある。勢力を保ち「非常に強い」まま上陸すれば1993年の台風13号以来25年ぶりになる。

 5日朝には渡島半島の西海上に接近し、そのまま北上する見通し。道内は4日夜から全道的に雨風が強まる。気象庁は暴風、高波や高潮、土砂災害、浸水、川の増水や氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。

 JR西日本は3日、台風接近に伴い、4日午前10時ごろまでに京阪神エリアの在来線の全線で運転を取りやめる予定だと明らかにした。西日本や東日本では帰宅時間帯にも交通機関に影響が出る恐れがある。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る