PR
PR

<書評>海賊の日本史

山内譲著

イメージとは異なる実態
評 佐野真(ライター)

 海賊―何げなく使っている単語であるが「まずは定義が難しい」と著者は言う。

 世間一般が抱いている海賊に対するイメージは、この本の序文にもあるように映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」やアニメ「ONE PIECE」の映像であろう。

 しかし「明治から大正にかけてピーターパンや宝島の物語が入ってきた時、パイレーツという言葉を海賊と訳したために混乱が生じた」というところから論が始まる。「海賊とは日本史上に実在した海上勢力で、大西洋やカリブ海で活動したパイレーツとはまったく異なる歴史的背景を有する」というのだ。

 では日本における海賊とは何かというと、学生時代の日本史教科書に登場した「倭寇(わこう)」なる言葉が浮かんでくる。また歴史小説好きな方なら藤原純友や毛利・村上水軍、松浦党などが思い当たるだろうか。この本は、そうした日本の海賊について彼らの存在意義や生活を含めた実態をさまざまな角度から検証したものである。

 読み進めていくと、海賊と呼ばれた人々が必ずしも単なる海の略奪者や無法者ばかりではないことがわかってきて、この点に心ひかれた。特定の社会状況の中で生み出された政治的な存在や、織田信長や豊臣秀吉の時代に活躍した九鬼嘉隆(くきよしたか)に代表される水軍、さらには海から生活の糧を得る交易船の船乗りや漁師のような人々までもが、十把ひとからげにそう呼ばれてきたというのだ。

 また日本の東西で、海賊と呼ばれた者たちの実態が大きく異なるという点も興味深い。瀬戸内海を中心とする西国では秩序を乱して狼藉(ろうぜき)を働く者も多かったが、東国では純粋な水軍がほとんどで、この本のキーワードである「賊的ニュアンス」は大きく薄れるという。

 すなわち日本では古来、海で活動する人々の総称として「海賊」という言葉を使っていたということになる。この事実を知り「海族」のほうが適切だったのではないかと、ふと思った。(講談社現代新書 907円)

<略歴>
やまうち・ゆずる 1948年生まれ。元松山大教授。著書に「豊臣水軍興亡史」など

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る