PR
PR

【道スポ】レアード八回同点打 3戦連続打点!復調手応え!!

 また打った。それも一本が欲しい場面で、ことごとく決定打。レアードが止まらない。1点を追う八回に3試合連続打点となる同点打を放ち、逆転勝利に貢献した。

 六回まで0―2。打線は七回に1点を返し、詰め寄った。そして八回。前を打つ3、4番の近藤&中田で無死一、三塁のチャンスをつくった。「何としてもヒットが欲しかった」。気合がみなぎった。

 冷静でもあった。マウンド上には4番手左腕の松永。「相手はゲッツーが欲しい。変化球を投げてくる。そう思って打席に入った。しっかり叩こうと心掛けていた」。読みは当たった。初球のスライダー。高めに浮いたのを見逃さなかった。打球は三遊間を抜けた。

 この一打で三走・近藤が同点のホームイン。試合を振り出しに戻し、打線はその勢いのまま九回に勝ち越した。

 今、最も頼りになる1人だ。この3連戦、いずれも打点を挙げ、チームを3連勝に導いた。復調を実感していたレアードは「9月が楽しみ」と話していた。その通りの結果に「うれしい。今は打席でうまくタイミングを合わせられている」と胸を張った。

 栗山監督の500勝にも大喜びだ。「大きな達成感がある大事な記録。その試合で打てて良かった」と声を大にした。

 首位・西武とのゲーム差は再び「5」に縮まった。「残りの1カ月。1日1本。それを続けていく」。好調なバットで逆転Vをたぐり寄せる。(神馬崇司)<道新スポーツ9月3日掲載>

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る