PR
PR

「舟漕ぎ」息合わせ懸命 室蘭港で30チーム熱戦

 【室蘭】手こぎボートで速さを競う「第7回むろらん港鉄人舟漕(こ)ぎ大会」が2日、室蘭港の中央埠頭(ふとう)で開かれた。新日鉄住金室蘭アイスホッケー部の選手による「すてぃーらーず」が初出場で優勝した。

 実行委員会が2012年から毎年開いている。胆振管内の事業所や官公庁などから30チームが出場した。

 コースは往路90メートル、復路60メートルの計150メートル。ボートは全長7メートルで、こぎ手6人のほか、任意で声掛け役と旗持ちがそれぞれ1人乗船できる。赤、黄、緑に塗り分けられた3隻が同時に出走、予選はタイムを競い、決勝は上位9チームによるトーナメント戦を行った。

残り:153文字/全文:436文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る