PR
PR

子どもら制服姿きりり、搭乗案内 函館空港 業務体験や見学

 20日の「空の日」を記念した「函館エアポートフェスタ」が1日、函館市高松町の函館空港で開かれた。航空機の機体見学会やパイロットによる航空教室、外ではステージイベントなどが行われ、約3800人の家族連れでにぎわった。

 実行委主催で、毎年行っている。航空機を駐機場に導くマーシャラー体験や、客室乗務員の制服を着て写真を撮影するなど多彩なイベントが開かれた。

 今回、初めて全日空が催した「旅客係員(アナウンス)体験」では、旅客係員の搭乗案内を、実際に業務で使用されているマイクを用いて子どもが挑戦した。

残り:140文字/全文:389文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る