PR
PR

本別の夜空に次々と大輪、きらめきフェス開幕

 【本別】東十勝最大級のイベント「本別きらめきタウンフェスティバル2018」(実行委主催)が、利別川河川敷特設会場で1日開幕した。初日のハイライトの花火大会では、夜空に次々と大輪が咲いた。

 22回目を迎え「うまいもの市」には町内の飲食店や本別町農協などが出店。友好都市・徳島県小松島市はアユの塩焼き、地鶏の串焼きを販売した。会場にはフリークライミングウォール(人工壁)も登場し子供たちが挑戦した。夜は東十勝花火大会(北海道新聞帯広支社主催)が行われ、連続して打ち上がるスターマインなど6千発に、会場から「きれい」「すごい」と歓声が沸き起こった。

残り:61文字/全文:333文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る