PR
PR

滑らないマンホール愛 チカホで魅力紹介する講演会 札幌

 日本中の道路に設置されているマンホールの蓋(ふた)は、実は自治体や地域によってすべてデザインが違う「ご当地もの」。その魅力をPRする講演会が1日、札幌市の札幌駅前通地下広場(チカホ)で開かれた。

 札幌市などが主催。マンホールのデザインを紹介する「マンホールカード」の発案者の山田秀人さんが講師を務めた。直径60センチに特産品や名勝地などが鮮やかな彩りで描かれ、まるで絵画のよう。

 「やたら絵が細かいのには訳がある」と山田さん。どの向きから踏んでも滑らないように、線の多く入った図案を採用しているという。ユーモアあふれる語り口で会場は笑いに包まれ、トークも滑らず―。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る