PR
PR

台風21号、西日本に接近 4日にも上陸する恐れ

 猛烈な台風21号は1日、日本の南の太平洋上を進んだ。次第にコースを北寄りに変え、4日には西日本に近づいて上陸、その後、本州を縦断したり本州に沿って北上したりする恐れが出てきた。台風接近に伴い、小笠原諸島や沖縄の周辺海域ではうねりが強くなり、高波に注意が必要になる。

 気象庁によると、台風は1日午後9時現在、時速20キロで北西に進んだ。中心気圧は915ヘクトパスカル、最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートル。中心から半径170キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る