PR
PR

国際会議誘致へ札幌市と北大連携 4日に協定締結

[PR]

 札幌市は、大規模な国際会議など「MICE(マイス)」が開催可能な新施設の2025年度の完成を見据え、会議の誘致に関する連携協定を4日に北海道大学と締結する。国際学会などの会議誘致は研究者のネットワークが鍵を握るとされ、大学側と情報共有を進めることで、より多くの会議の札幌誘致を図る狙いだ。

 国際学会などの誘致は、各国にネットワークを持つ大学教員らによる開催情報のキャッチとその後の働きかけが重要。市によると、16年度に市内で開かれた国際会議115件のうち、58件で大学が誘致に関与し、うち52件に北大が関わった。

 道外では京都市と京都大学など、都市と大学が会議誘致のための連携協定を結ぶ例が増えており、MICE誘致を経済効果につなげたい札幌市も、対応が求められていた。

残り:264文字/全文:599文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る