PR
PR

党派超えマケイン氏追悼 元首級の扱い

 【ワシントン共同】25日死去した米共和党重鎮のマケイン上院議員の追悼式典が8月31日、首都ワシントンの連邦議会議事堂で行われ、与党共和、野党民主両党の議会指導部の議員らが参列した。米議会ではトランプ政権下で党派対立が激化しているが、重鎮議員の功績に敬意を表し、党派を超えて死を悼んだ。

 マケイン氏の遺体を納めたひつぎは議事堂中央の円形大広間に安置され、式典後に市民が弔問に訪れた。大広間に安置されたのは米国史上でもリンカーン大統領ら約30人だけで、元首級の扱い。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る