PR
PR

殺人罪の被告に賠償命令、和歌山 小5男児殺害事件

 和歌山県紀の川市で2015年2月、小学5年の森田都史君=当時(11)=を刺殺したとして殺人などの罪に問われている中村桜洲被告(26)に対し、森田君の父親が約7100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、和歌山地裁(中山誠一裁判長)は31日、請求の一部を認め、中村被告に約4400万円の支払いを命じた。

 判決によると、中村被告の自宅に森田君の血が付いた刃物が発見されたことや、事件の残忍性などを考慮し、請求の一部を認めた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る