PR
PR

リレー金、山県「実感わいた」 アジア大会陸上代表が帰国

 ジャカルタ・アジア大会の陸上男子400メートルリレーで金メダルを獲得した山県亮太(セイコー)、桐生祥秀(日本生命)ら陸上の代表選手が31日、成田空港に帰国した。日本選手団主将でもある山県は「目標にしていた金メダルを取れて、こうして出迎えてもらってすごく実感がわいた」と笑顔を見せた。

 山県は男子100メートル決勝で日本歴代2位に並ぶ10秒00を出して3位に入った。リレーでは「1走の中で普通に走れば負けることはないと思った」と話す充実ぶり。リレーのみの出場だった桐生は「しっかり日本に金メダルを持って帰ろうという気持ちだけだった」と語った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る