PR
PR

秋サケ初水揚げ4.9トン えりも以東 来遊予測、昨年の倍

 【えりも】えりも以東海区の秋サケ定置網漁が解禁され、庶野漁港で31日、日高管内では今季初めて水揚げした。初日は前年に比べ2トンほど少ない4・9トンにとどまったが、同海区に今秋来遊する秋サケは、記録的不漁だった昨年実績の2倍と予測されており、漁業関係者は漁の回復に期待を寄せている。

 えりも以東海区の解禁は日高管内で最も早く8月30日で、庶野地区の4カ統で網入れをした。31日午前6時前に帰港した第五十八丸共丸は1トン余りを取り、船頭の寺沢康憲さん(66)は「いよいよ始まったという感じ。やや小さめだが、昨年より感触は良い」と今後の漁模様に期待する。

残り:250文字/全文:525文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る