PR
PR

米、パレスチナ支援停止か トランプ政権決定と報道

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は30日、トランプ政権がパレスチナ難民支援のための拠出金を全て停止することを決定したと伝えた。国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)に対し、難民の定義から子孫を除き認定数を10分の1以下に減らすよう求める方針で、数週間以内に発表する見通しという。

 事実とすれば、トランプ政権の極端な親イスラエル政策に国際社会から批判が強まるのは必至。パレスチナ自治政府に圧力をかけて中東和平交渉の席に着かせることや、中東諸国にパレスチナ支援の負担増をさせる狙いがあるとみられる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る