PR
PR

難病女児に「養護学校へ」、兵庫 教育委員が発言、差別と認定

 兵庫県宝塚市の教育委員の男性(72)が今年6月、難病で人工呼吸器を使いながら市立小に通う4年女児(9)の母親に対し「養護学校の方が合っている」などと発言していたことが31日、分かった。市教育委員会は一連の発言を差別と認定し、男性は7月に教育委員を辞職した。

 市教委によると、男性は6月に小学校のオープンスクールを見学。女児が教室で看護師の補助を受けている様子を見て、付き添っていた母親に「大変やね。環境も整っている養護学校の方が合っているんじゃないの」と発言した。

 母親が女児の希望だと説明すると「本人はそうかもしれないけれど周りは大変でしょう」とも述べた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る