PR
PR

東北、北陸で大雨 住民孤立、山形新幹線見合わせ

 前線の影響で東北と北陸では31日、断続的に非常に激しい雨が降った。前線は9月1日にかけて東日本や西日本に南下し、西日本の日本海側でも大雨になる見通し。気象庁は土砂災害や浸水への警戒を呼び掛けた。

 山形県戸沢村では31日、土砂崩れで村道がふさがり、一時は2世帯5人が孤立。JR東日本は、山形新幹線の新庄―山形間の上下線で終日運転を見合わせると発表。

 山形県最上町では同日午前、最上小国川が氾濫し、つり橋が崩落。石川県七尾市でも大雨で熊木川が氾濫した。

 気象庁によると、31日午前、石川県輪島市で1時間に77・0ミリ、山形県金山町で56・0ミリの激しい雨が降った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る