PR
PR

菅井、初防衛に王手 王位戦第5局

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之棋聖(28)が挑戦している第59期王位戦7番勝負(北海道新聞社主催)の第5局は30日午前9時から徳島市の渭水苑(いすいえん)で指し継がれ、午後4時48分、133手で先手番の菅井が勝ち、対戦成績3勝2敗で初防衛に王手をかけた。持ち時間各8時間のうち残りは菅井2時間、豊島21分。第6局は9月10、11日、神奈川県秦野市の「元湯 陣屋」で行われる。

 1日目の持久戦ムードが豊島の封じ手2五歩(50手目)で一変し、激しい戦いに突入。豊島は桂損の代償を8八角(62手目)の打ち込みに求め、馬の活用に期待した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る