PR
PR

新幹線長崎ルート、レール初敷設 九州、2022年度開業へ

 2022年度の暫定開業を目指す九州新幹線長崎ルート(博多―長崎)のうち、フル規格新線を建設中の武雄温泉(佐賀県)―長崎(66キロ)にレールを初めて敷設する作業が30日、佐賀県嬉野市の嬉野温泉駅(仮称)予定地付近で始まった。高架橋の建設は順調といい、開業に向けた工事が一歩前進することになる。

 この日は現場で記念式典が開かれ、大型の装置を使いレールが敷かれていった。装置のスタートボタンを押した嬉野市の村上大祐市長はあいさつで「念願の時が訪れ、感無量だ」と感慨深げに話した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る